研修を経てから実践現場に出ることにより、着実にプログラムを覚えていくことができます。逆に、外部研修やセミナーなどの参加による教育をOffJT(Offthejobtraining)とよびます。

 

OJTは、お給料をもらいながらプログラムを学ぶことができるというメリットの他、諸先輩がたの書いたプログラムを見て学ぶことができるという大きなメリットがあります。OJTでは、今すでにだれかが担当遂行している業務について、やさしいレベルから徐々に難易度の沖雲仕事をこなせるように、職場の中で育成指導していくもので、より実践的に現場の仕事を習得することができます。

 

わからないことはずんずん調べ自ら解決しながら学習する姿勢と、疑問点や不明点は先輩や上司に積極的に指導を仰ぐ姿勢も、より速やかに成長するためのポイントです!実際の実践現場で小規模案件などから関わりながら徐々にプログラミングを覚えていくOJT。先輩のプログラムを見ることでちょっぴりずつ書き方やパターンを覚えていきましょう。

 

OJTとは、Onthejobtrainingの略で、「仕事上のトレーニング」、つまり、実際の仕事に関わりながら業務を覚えていく教育方法です。